黒月戯言日記

ただの日記(にしてはダークかもしれない)ひとり言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片付け

彼の家をお片づけ。
今まで見た中で一番すごい部屋でした(爆)
片付け甲斐ありすぎ!
でも結局片付けたのか、
散らかしたのかわからないような状態に
してしまいました。ごめんなさい。

会話

旧友に会う。
久しぶりに会いました。
人は変わって行くんだなぁと
思ってしまいました。
色々な話をして楽しかったです。
また遊びに来てください。
いつでも暇をしていますから。

おごり

誕生日を祝ってくれたあなた。
いきなりだったのでびっくりしました。
たくさん飲んですいません・・・。
お金使わせてしまいました。
しかも、怒らせてごめん。
僕もバカでした。
君に叱られて、心が締め付けられたのを
憶えています。
真剣に怒ってくれた君を
僕は大切にできていない気がして・・・。
ごめんね・・・。
ありがとう。

迷い

昨日の誕生日祝いの後
彼の家に泊まりました。
でも、僕は友達の傍にいる方が
居心地が良くて、ナゼか彼の横にいる事を
苦痛に感じていました。

一晩泊まって今日の夜。
彼の後輩の北海道パーティーに
僕も参加しました。
その時君も呼ばれました。
いつも迷惑を掛けているからと
彼が呼んだのです。
僕はその場にいるのが場違いな気がして
そこにいるのが嫌になって、
いつものようにあの人を頼りにして
電話をしました。

怒られた。
だから言ったでしょ。と。
でも優しく、自分で決めるんだよ。
と言ってくれた。

あまり、気乗りがしないまま。
君と2人で違う空気の中
海産物を食べました。

帰りは君が送ってくれるって。
少しほっとしたのを憶えている。
その夜。
僕は泣いたんです。
君の胸で。辛いなら泣けと言ってくれて
ただひたすら泣きました。

何が辛くて泣いたのか、今は
記憶が封印されてて憶えてないけど・・・

314

僕の誕生日。
バレンタインの時、ある人にチョコを送った。
そのお返しをその人が持ってきてくれた。
嬉しかったけど、少し複雑な気分(苦笑)
僕の想いはその人に届いたとしても
返ってくることはないから・・・。
そしてもうひとつ。
君がくれたお返し。

出会い

君を知った日。
多分この日だったと思う。
びっくりしたけど
うなづけた。
君という存在が不思議で仕方なかった。

この瞬間

君とドライブ。
多分君は僕を口説いたはず。
僕は答えなかったけど・・・。
嬉しかった。
君に会えること。
君と話せること。
でも、その日の夜にメールして
答えたんだよね(苦笑)
寂しかったのかな?
もしかしたら。
だとしたら僕は相当嫌な奴・・・。

のろけ話

彼女とドライブ。
ご飯食べに行った。
君のことを話す。
彼女は僕のことを見て
今までで一番安定してるって言ってた。

鳴り止まない携帯

確か君に誘われて飲み会に行った気がする。
彼のメールと電話を無視した憶えもある。

距離

朝からメールラッシュ。
向こうの言葉を見て少し
距離を起きたいといってみた。
だって辛かったから。
一人で考えて、どうしたらいいか時間を置きたかった。
なのに勘違いして別れを切り出したのは向こうが先だ。
メールのやり取りで恐くなった。
たぶんそこまで追い込まれていたんだと思う。
君に会った。
また相談した。
一人で決められなくて。
考える力がなかったんだと思う。

« NEW | HOME |  OLD »

Calendar

« | 2017/11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

New Entries

New Comments

Categories

Monthly

FC2Ad

skin: maako

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。